日本人なら必ず誤訳する英文

2009年6月14日 | Category: 英語 | タグ:

越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)

かなり挑発的なタイトルに、思わず手にとってみたくなりました。 表紙にはひとつの英文が。

I waited for fifteen minutes - they seemed as many hours to me.

「あなたはこれをどう訳しますか?」と問いかけられています。"as many hours"をどう解釈するかがカギですが、正確に訳すのはなかなか難しいですよ。

このように、簡単そうにみえてもなかなか正確に訳せない文が、これでもかというくらい収められています。単に訳文を載せているだけではなく、その訳に到達するまでの思考の過程を丁寧に説明していますので、今までなんとなく英文を訳してきた人には目からうろこの本になるでしょう。

全部読み通していませんが、本の中身を少しご紹介しましょう。まずは基礎編から。

1.文の構造

等位接続詞(and,orなど)や冠詞の有無を丁寧に見定めることについて学びます。

2.時制、態

英語の12の時制のうち、一番簡単そうに見えますが実は誤訳が多いのは現在形の訳し方などを学びます。また、受動態の訳し方の基本「能動態に戻してみる」ことも取り上げられています。

3.否定

否定文の誤訳で多いパターンは、否定文の省略を正しく見抜けないことに起因するそうです。この辺になると、英語の得意な人でも結構難しいですよ。

これ以降は各文法項目別の問題が続き、難問編、超難問編と続きます。1ページを読むのにかなり時間がかかりますから、しばらくは楽しめると思いますよ。

読んでみたい方はこちらからどうぞ→越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)

英語学習遍歴(2)

2009年5月31日 | Category: 英語 | タグ:

前回のエントリーの続き。

高校卒業後

高校卒業後も、細々と英語の勉強は続けていました。塾講師・家庭教師の仕事をしていましたが、きちんとした資格を持って教えたかったので、英語の教員免許を取ることにしました。高校卒業後、3年後のことです。

日大通教時代

すでに仕事を持っていましたので、通信制の大学に入ることにしました。大学でどれほど英語力が伸びたかというと…たいして伸びなかったように感じます。大学の勉強は単位を取るためだけ、と割り切りました。

一般教養の英語は、特に得るものなし。テキストはろくに読まず、課題だけこなしました。必修科目のうち、文学系の科目はあまり興味を感じず、最低限の作品だけ拾い読みした程度です。英語学関係の科目では多少面白いものもあり、英語史は結構面白かったですね。すべて英語のテキストを通読するのは時間がかかりましたが、この教科書は全部きちんと読破しました。英語に不規則動詞がある理由は、この教科書ではじめて知りました。

大学の英語の授業は、PracticalなものというよりAcademicなものですので、英語がしゃべれるようになりたければ英会話教室に通うか、留学でもしたほうが手っ取り早いでしょう。英語の文学作品を読むのが好き、英語そのものに興味がある、英語を道具として使う(読み取る)力が欲しい、という人には向いていると思います。ただし、無試験で入学できますから英語力にはかなりの差があり、スクーリングだと「本当に英文科?」と思ってしまうような人も結構見かけました。ある程度(英検準2級程度)の英語力がないと、入ってから後悔するかもしれません。

卒論は英語教育で書きました。中学の英語教科書における諸外国の記述量と記述内容と定量的に分析し、そこに恣意的なメッセージが込められていないかを考察しました。ようするに、「アフリカ=貧しい国だから日本は援助しなければならない」「アメリカ=かっこいい」といった固定観念を英語の教科書が植え付けていないだろうか?という分析です。4年は卒論と教育実習だけを残して他の単位はすべて取っておいたのですが、結局締め切りぎりぎりまでかかってしまいました。

その後の勉強の様子はまたそのうち。

TOEIC Score(Detail)

2009年4月15日 | Category: 英語 | タグ:

TOEICのスコアの詳細が送られてきました(届いたのは数日前ですが…)

toeic-145

語彙はなかなか増えませんね(泣

TOEIC Score

2009年4月6日 | Category: 英語 | タグ:

メールでTOEICのスコアのお知らせが届きました。1ヶ月かかりませんでしたね。気になるスコアは…

toeic-score

おー、ついに900点超えました。930点はもちろん過去最高です。

ListeningよりもReadingの方が低いのが謎ですが、この際、気にしないことにしましょうw

英語学習遍歴(1)

2009年3月22日 | Category: 英語 | タグ:

英語学習遍歴について。TOEICのアンケートで「英語学習経験」を尋ねられ、懐かしく過去を思い出したので…

中学時代

私が英語の学習を始めたのは、中学校に入ってから。塾に通ったり、家庭学習したりということは一切ありませんでした。特に英語に興味があったわけではなく、小学生の頃はアルファベットの順番も後半の方ははっきりと覚えていませんでしたね。

中1の夏まではみんなと同じように普通に勉強していましたが、秋頃にスピーチコンテストの原稿を書かないかと誘われました。結局、他の人が選ばれましたが、自分が選ばれなかったのが悔しくて、来年こそは選ばれようとしっかり英語を勉強しようという気になりました。

先生に頼んで2年生の教科書を借りたりして、中1の冬に英検4級、中2の春に3級を取得しました。とにかく文法をしっかりやりました。3年間の英語の教科書は完全に暗記していました。どの単語が教科書の何ページに載っているか把握していました。無駄に記憶力を使っていましたね。

スピーチコンテストには中2から高3まで毎年出場しました。毎年、自分で原稿を書いて完全暗記の上、出場していました。原稿はどこかにいってしまいましたが…実家にあるかな。

高校時代

1年になってまもなく、K先生に目を付けられました。最初の校外模試でそこそこの成績を取ったのですが、「テーマ別 英文読解教室」というテキストを押しつけられました。なんでも自分が学生時代に使ったテキストだそうで、ぼろぼろに使い古されていました。直接授業を受け持っているわけでもないのに、なぜか課題を出され、毎日こなしていました。大学入試レベルの長文を読まされていましたが、意味が全然分かりませんでしたね。指導してくれるわけでもなく、ただ課題を出すだけで、説明なしでしたから。

そんな指導のおかげかどうか分かりませんが、1年の冬には準2級、2年の春には2級を取得しました。3年の冬には準1級を受験しましたが、あと2点足りずに不合格。同時に受けた英語教師はボーダーより1点上で合格でした。英語教師と3点差というのは、我ながらナイスファイトです。

当時の英語学習法としては、(文法)教科書、(単語)長文に2回目以降に出てきた単語を片っ端から覚える、という方法でした。リスニングはひたすらディクテーション。中学時代に始めた「基礎英語」「続基礎英語」につづいて「英会話入門」「英会話」あたりをよく聴いていました。遠山先生や大杉先生の講座は今でも覚えていますね。

それ以降はまた別エントリーで。

当サイトについて

栃木県宇都宮市在住のWeb屋さんのブログ。サイト設計からコーディング、プログラミングまで幅広く担当します。Web標準,WordPress,jQueryあたりに興味があります。≫PROFILE