日本人なら必ず誤訳する英文

2009年6月14日 | Category: 英語 | タグ:

越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)

かなり挑発的なタイトルに、思わず手にとってみたくなりました。 表紙にはひとつの英文が。

I waited for fifteen minutes - they seemed as many hours to me.

「あなたはこれをどう訳しますか?」と問いかけられています。"as many hours"をどう解釈するかがカギですが、正確に訳すのはなかなか難しいですよ。

このように、簡単そうにみえてもなかなか正確に訳せない文が、これでもかというくらい収められています。単に訳文を載せているだけではなく、その訳に到達するまでの思考の過程を丁寧に説明していますので、今までなんとなく英文を訳してきた人には目からうろこの本になるでしょう。

全部読み通していませんが、本の中身を少しご紹介しましょう。まずは基礎編から。

1.文の構造

等位接続詞(and,orなど)や冠詞の有無を丁寧に見定めることについて学びます。

2.時制、態

英語の12の時制のうち、一番簡単そうに見えますが実は誤訳が多いのは現在形の訳し方などを学びます。また、受動態の訳し方の基本「能動態に戻してみる」ことも取り上げられています。

3.否定

否定文の誤訳で多いパターンは、否定文の省略を正しく見抜けないことに起因するそうです。この辺になると、英語の得意な人でも結構難しいですよ。

これ以降は各文法項目別の問題が続き、難問編、超難問編と続きます。1ページを読むのにかなり時間がかかりますから、しばらくは楽しめると思いますよ。

読んでみたい方はこちらからどうぞ→越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)

WordPress 2.8トラブル(解決)

2009年6月13日 | Category: Web | タグ: ,

うまくアップデートできなかったWP2.8ですが、原因がわかりました。

当ブログのホスティング先のCoreserverはPHPがセーフモードで動いているため、一部の機能が制限されます。そこで、CGIとして動かすために、サイトルートに以下の内容で.htaccessを置いていました。

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

このように、すべてのPHPをCGIとして動かすのではなく、特定のPHPのみをCGIとして動かすように設定し直したところ、正常に動作しました。wp-admin/.htaccessに以下のように記述します。

<files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<Files plugin-install.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
<Files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
<Files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

これでOKです。やっとWP2.8にアップデートできました。

WordPress 2.8

2009年6月11日 | Category: Web | タグ:

WordPress 2.8が公開されましたね。

早速、当ブログにもインストールしてみましたが、結局元に戻してしまいました。その理由は、

  • Firefoxで管理画面を開くと、スタイルシートが一部反映されない
  • wp-postratingがMySQLのエラーをはいてしまう
  • 管理画面の一部が日本語化されてない(これは当然)

ということで、少し時期尚早だったようです。素直に日本語版が公開され動作報告があがるのを待ちます。

…ええ、人柱になれないヘタレです。

CoreserverでMySQLのデータを自動的にバックアップする方法

2009年6月4日 | Category: Web | タグ: , ,

Coreserverで、MySQLデータベースを自動でバックアップする方法。

以下のスクリプト(backup.sh)をcronで定期的に実行します。

#!/bin/sh
/usr/local/mysql/bin/mysqldump -h localhost -c -u DBユーザ名 --password=DBパスワード DB名 | /usr/bin/gzip | /usr/bin/uuencode ファイル名.txt.gz | /usr/bin/mail -s 'ファイル名.txt.gz' 送信先メールアドレス

上のスクリプトは、主に4つの部分から成っています。

mysqldump

/usr/local/mysql/bin/mysqldump -h localhost -c -u DBユーザ名 --password=DBパスワード DB名

MySQLのデータをダンプします。DBユーザ名、DB名は同じもので、phpMyAdminにログインするときのユーザ名と同じです。DBパスワードはphpMyAdminにログインするときのパスワードと同じです。

gzip

/usr/bin/gzip

gzipで圧縮します。

uuencode

/usr/bin/uuencode ファイル名.txt.gz

バイナリデータをテキストデータに変換するコマンドです。メールで送信するために、テキストデータに変換します。

mail

/usr/bin/mail -s 'ファイル名.txt.gz' 送信先メールアドレス

uuencodeで変換したテキストデータをメールで送信します。

以上のスクリプトを、cronで定期的に実行するように設定します。

当ブログもこの方法でDBのバックアップを取っています。メールの送信先にはGMailを設定しています。

英語学習遍歴(2)

2009年5月31日 | Category: 英語 | タグ:

前回のエントリーの続き。

高校卒業後

高校卒業後も、細々と英語の勉強は続けていました。塾講師・家庭教師の仕事をしていましたが、きちんとした資格を持って教えたかったので、英語の教員免許を取ることにしました。高校卒業後、3年後のことです。

日大通教時代

すでに仕事を持っていましたので、通信制の大学に入ることにしました。大学でどれほど英語力が伸びたかというと…たいして伸びなかったように感じます。大学の勉強は単位を取るためだけ、と割り切りました。

一般教養の英語は、特に得るものなし。テキストはろくに読まず、課題だけこなしました。必修科目のうち、文学系の科目はあまり興味を感じず、最低限の作品だけ拾い読みした程度です。英語学関係の科目では多少面白いものもあり、英語史は結構面白かったですね。すべて英語のテキストを通読するのは時間がかかりましたが、この教科書は全部きちんと読破しました。英語に不規則動詞がある理由は、この教科書ではじめて知りました。

大学の英語の授業は、PracticalなものというよりAcademicなものですので、英語がしゃべれるようになりたければ英会話教室に通うか、留学でもしたほうが手っ取り早いでしょう。英語の文学作品を読むのが好き、英語そのものに興味がある、英語を道具として使う(読み取る)力が欲しい、という人には向いていると思います。ただし、無試験で入学できますから英語力にはかなりの差があり、スクーリングだと「本当に英文科?」と思ってしまうような人も結構見かけました。ある程度(英検準2級程度)の英語力がないと、入ってから後悔するかもしれません。

卒論は英語教育で書きました。中学の英語教科書における諸外国の記述量と記述内容と定量的に分析し、そこに恣意的なメッセージが込められていないかを考察しました。ようするに、「アフリカ=貧しい国だから日本は援助しなければならない」「アメリカ=かっこいい」といった固定観念を英語の教科書が植え付けていないだろうか?という分析です。4年は卒論と教育実習だけを残して他の単位はすべて取っておいたのですが、結局締め切りぎりぎりまでかかってしまいました。

その後の勉強の様子はまたそのうち。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 52 53 54

当サイトについて

栃木県宇都宮市在住のWeb屋さんのブログ。サイト設計からコーディング、プログラミングまで幅広く担当します。Web標準,WordPress,jQueryあたりに興味があります。≫PROFILE